タイ バンコクで PRONTO 別注 リアルマッコイズのジーンズを購入

2010年代に入ったくらいから、タイでアメカジ、とくに日本製デニムの人気が高まっています。タイ最大手のアメカジショップ PRONTO はバンコク中心部だけで5店舗を構え、リアルマッコイズ、桃太郎ジーンズ、フラットヘッド、ウエアハウス、フリーホイーラーズ、バズリクソンズ…と、日本製アメカジウェアの抜群の品揃えを誇ります。別注商品も多いですね。

ここ数年、タイ人のあいだで日本旅行が大ブームで、80〜90年代の日本人のハワイ旅行ブームを彷彿とさせる勢いです。毎週、日本旅行に特化した番組が10以上放送されていて、東京や大阪や京都だけでなく、地方の伝統工芸品や食文化が丁寧に取材され放送されています。記事の最後に、岡山の児島ジーンズストリートを紹介したタイの番組をいくつか紹介しますので、興味がある方は見てみてください。もともと日本ブランド信仰が強いタイですが、そうした丁寧な番組作りも、日本製デニムの人気に大きく影響していると思います。

PRONTO

さて、今回購入したのはそんな PRONTO 別注の REAL McCOY’S MP16201 Lot. 017 です。プロンポンのエムクオーティエの店舗で購入しました。自分の行動範囲のなかで品揃えが多いのがエムクオーティエの店舗なのでここで買いましたが、サイアム スクエア ソイ2の店舗は2フロアあって、さらに品揃えが豊富です。コンバース(CT70など)やレッドウィングの取り扱いもあります。近隣に Nudie Jeans、Oscar Denim、Selvedgework、Holdem Denim、Indigoskin とデニムショップが数店あるので、デニム好きな方にはサイアム スクエア ソイ2の店舗がオススメです。ターミナル21の店舗は品揃えが少なめで、別注物の取り扱いがなかったりします。

REAL McCOY’S MP16201 Lot. 017

月桂樹ボタン、鉄製のドーナツ型ボタン、銅製の打ち抜きリベット、チェック柄のポケットの裏地、コインポケットのリベットの省略、バックポケットのペンキステッチなど、ディテールを見るとベースは大戦モデルであることがわかります。生地も大戦モデル REAL McCOY’S Lot. S003 (14.3oz) と同じものを使っているそうです。染色はマッコイズのフラッグシップモデル REAL McCOY’S Lot. 001 (16.5oz) と同じで、シルエットは JOE McCOY Lot. 991XH と同じだそうです。

※Lot. 001 (16.5oz) は Lot. 001XX (14.5oz) へとモディファイドされ、店頭在庫も徐々に切り替わっています。

スペック

まとめると、比較的履きやすい14.3ozの生地で作られた大戦モデルがベースで、最高の色落ちが期待できる染色で、テーパードの効いたやや細めの現代的なシルエットのジーンズということになります。そして、ペンキステッチは過去作の S613、ハラコのパッチは MP11137 などに見られた仕様です。まさに、いいとこ取りの仕様。発注する PRONTO 側が新旧の仕様を知ってのことでしょうから、その知識量に驚かされます。マッコイズがこのような形の別注に応えたことは、いい意味で驚きです。タイらしいおもしろい仕様で、タイでしか買えない日本製デニム。

価格

この商品は PRONTO DENIM CARNIVAL 2017 にあわせて企画されたもので、当初のアナウンスでは10,900バーツ(37,600円)とのことでしたが、店頭価格は8,800バーツ(30,300円)でした。
http://prontodenim.com/blog/pronto-denim-carnival2017-the-real-mccoys/

プロントでは10%オフのメンバー割引がありますし、メンバーにならなくても、外国人旅行者は一律10%オフになります。レジで名前、国籍、パスポート番号を記入するだけでよく、パスポートの提示も不要です。そのぶん VAT REFUND には非対応です。VAT 還付関係の諸手続きを省くため、このような仕組みになったそうです。

結局、7,920バーツ(27,300円)で買えました。10,900バーツ(37,600円)はやりすぎかなとの思いも正直ありましたが、7,920バーツ(27,300円)だったら全然アリです。記憶にも残る、いい旅のお土産です。

タイの番組

最後に、児島のジーンズストリート(岡山県 倉敷市)を紹介したタイの番組をいくつか紹介します。とくに、SUGOI JAPAN は大人気番組です。ナビゲーターのヒロさんは日本人で、安倍首相、蒼井そら、ドラえもんと並んで、タイでもっとも有名な日本人の一人です。

最初の動画の PURE BLUE JAPAN 岩屋さんへのインタビューシーンで PRONTO への言及があります(16:38以降)。

関連記事

  1. 【2019年版】タイのプリペイド SIM は AIS がオススメ(最速…

  2. またもやタイで日本製デニムを買うの巻

  3. バンコクでロレックス サブマリーナを購入

  4. 24 KILATES × ASICSTIGER GEL-LYTE II…

  5. バンコクへ来たら Ouky のTシャツをまとめ買いすべし

  6. スクンビットのジム The Lab でグループレッスン初体験

  7. 90年代末のデニム昔話と色落ちについて

  8. アトモス バンコクでスニーカーの抽選に参戦してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




NEW POSTS

  1. タイ

    バンコクでロレックス サブマリーナを購入
  2. タイ

    スクンビットのジム The Lab でグループレ…
  3. デニム

    またもやタイで日本製デニムを買うの巻
  4. スニーカー

    24 Kilates の新店舗がセントラルワール…
  5. Mac

    Mac Pro (Mid 2012) のグラボを…
  6. タイ

    【2019年版】タイのプリペイド SIM は A…

ARCHIVES